コストも選ぼう、物流通販

物流とコストの関係性を知る

通販物流は成長を続けていながらも、コストと強い関係性があるのも大きな特徴です。仕組みが他の経費よりも複雑で、物流コストを把握するにはさまざまな費用を算出しなければなりません。倉庫や流通における配送費は、請求書などから簡単に計算できるコストです。この部分は数値も見えやすく、多くの企業でもよく削減の対象とされています。在庫管理や出荷などにかかる人件費は、なかなか正確には把握しにくいコストです。実際の業務を時間で算出することで少しずつ数値が見えてきます。受注入力や返品処理といった工程ごとに、必ずコストが発生しているのも特徴です。どのコストを削減するべきか、現場によってその選択は変わってくるでしょう。

ユーザー視点で見る物流コスト

通販を利用するユーザーにとっても、物流コストは身近な存在になってきています。オークションやフリマサイトの拡大によって、個人売買が簡単に出来るようになったのもその理由です。梱包から発送まで一人で行えるため、コストも単純な計算で算出できます。発送方法を幅広く選べるのもショップだけに限りません。送料だけでなく、届くまでの時間をコストと捉えることもできます。物流業者を指定したいといったユーザーが増えているのも注目したいポイントです。厳重に梱包してほしいなど、ニーズにすぐ対応できる業者はコスト意識も高くなっています。ユーザーが自分に合ったコストを選択できれば、通販物流もさらに市場を拡大していくでしょう。

© Copyright Mail Selection. All Rights Reserved.